にこちゃんのパパBLOG

名古屋のワーパパ、34歳からブログを始める。

100日後に死ぬワニ、104日目のまとめ

f:id:papahaya:20200325012254j:plain


「100日後に死ぬワニ」面白かった。友達や妻と結末を予想し合ったり、考察を繰り広げたり。学生時代や社会人なりたての頃、こんな感じの時あったなーと懐かしんだり。死生観について、ほんのちょっとだけ考えてみたり。100日間、楽しませていただきました。

 

 

 

 

 

100日目の「春に来た」って表現はワニくんの最期の言葉じゃなくて、死後のワニくんの言葉なんて説も。どうでしょう。

 

そして101日目、ワニが死んだ翌日より怒涛の商業展開。

 

  • 書籍化、映画化(これは99日目に発表だったかも)
  • 追悼POP UP SHOPを東名阪ロフトで展開
  • その他、ものすごい量のグッズ展開
  • アーティストとのコラボ動画
  • コラボカフェ開催
  • ワニの音楽プレイリスト発表

 

など。104日目時点でこんなにも。今後もまだまだ発表ありそう。てかグッズの数、マジで多すぎでもう100種類くらいあるのでは?作者きくちゆうきさんの各種メディア出演やイラスト提供も多数。

 

 

ほんと可愛い絵だよね。

ラコステジャパンからもコメントがあったり。

 

 

 

ワニのスタンプは買えるけど、ラコステの新作は買えない僕。

 

 

それと「実は電通が絡んでいた」「100日前からブームは仕組まれていた」故に「騙された」「冷めた(覚めた)」なんて意見もかなり多く見かけた。

 

事実は知らない(どうでもいい)けど、電通が絡んでいるとダメって思う人が意外と多いことに驚いた。過労死の件があったから?そう言えば被害者のお母さんもワニの最終回に対してコメントしていたな…。

 

 

これに関してはちょっとコメント難しい。

 

ちなみに僕もワニの黄色いコインケースが欲しかったので三連休、朝からロフトへ買いに行ったんだけど、妻から「電通に踊らされている奴w」といじられた。

 

 

まあ「踊る阿保に見る阿保、どうせ阿保なら踊らにゃ損々」ってことで。

 

 

しっかり楽しんで踊ってます。今回のワニに限らず、エンタメを楽しむのにイチイチ電通つか広告代理店やマーケターを気にするの相当しんどいでしょ。まさか、それらが関わっていないものだけを今後も選び続けて、情報強者を気取り続けるつもり?きつくない?

 

それよりもこれ。

 

 

正直、知らなかった。金持ち父さん実在しないの?!

 

あと、これも笑った。

 

 

「若い営業がワニの話なんか持ち帰ってきた日には直上に殴られます」

 

 

電通案件とは。

何でもいいんだけど多分この辺りが正解っぽい。

 

一方、雑誌「幼稚園」4月号の付録。

何と「ワニワニパニック」らしい。

 

game.watch.impress.co.jp

 

これは凄いクオリティ。凄すぎて作れる気がしないので買うのはやめたけど。こういうのもマーケターがサブリミナル的な効果を狙って、この時期に仕掛けているんですかね?

 

まあ本当、これらに限らず気づかないまま踊らされているなんてことは日常茶飯なので、楽しんだもの勝ちじゃね?って話(勝ちって表現も違うと言うか好きじゃないけど、あえて)。

 

あと、100ワニグッズ転売を通じて思ったこと。

 

 

何を今更って話かもだけど。てか上のツイート、橘玲さんの名前と本のタイトル、誤字ってた…すみません。正確には「不道徳な経済学:転売屋は社会に役立つ」で、しかも橘玲さんは翻訳ですね(著者はウォルターブロック氏)。

 

最後に100日後に死ぬワニ作者、きくちゆうきさんのツイートより。

 

 

「まだ完結もさせてない」

 

 

「言いたいこと、伝えたいことは漫画で伝える。漫画家ですから。」

 

かっこいいです。きくちゆうき先生。書籍には後日談や0日目も収録されているみたいなので楽しみ。そこで完結になるのかな。

 

 

死まであとXX日